「集客」「教育」「販売」を仕組み化する

「ファネル」とは?

「ファネル」はマーケティング用語の1つであり、日本語では「漏斗(ろうと)」という意味になります。

逆円錐形の、主に液体などを別の容器に移し替える時に使う道具ですが、

集客から購入に至るまで、徐々に人数が絞り込まれていく様子が似ていることから、

そう呼ばれるようになったと言われています。

【ファネル】機能とは?

LPページや販売ページの作成・編集ができ、ウェビナー登録・視聴ページの作成ができます。

販売商品の管理ができ、決済方法の連携を行うことで売上の確認も可能です。
外部連携フォーム設定にて、これまで利用していたメール配信サイトとの連携をすることもできます。

今まで日本には【ファネル】機能はありませんでした。

主にアメリカで発展したものです。

しかし最近では日本でも【ファネル】機能はありますが

とても値段が高くて手が出せないのが現状でした。

「集客」「教育」「販売」を仕組み化するエキスパ

 

という【ファネル】機能が出てきました。

このエキスパはメール配信、ライン配信等。サイト作成・サイト内での決済機能まで
ありますので、このエキスパだけですべての機能が完成してしまいます。

まさに日本での【ファネル】機能といっても間違いがありません。

これだけ揃っている機能ですが、とても低価格です。

エキスパだけ持っていれば他のツールは必要がありません。

 

インターネットビジネスで稼ぐには、
「集客」「教育」「販売」の流れを仕組み化すること。

効率よくやるには、ツールが必要です。

私はこれを使っています。
無料で使える機能が多く、かなり使いやすいです。

「副業解禁!」って

 

聞こえはいいけど、
実際は、「終身雇用制度の崩壊」です。

本気でやらないと、1円も稼げないですよ。

まずは、しっかりと環境を整えましょう。
とくに使うツールは厳選すべきです。

「自由になりたい」から、自由にやると、自由にはなれない。

「なに言ってるの?」

と、思ってしまうような件名ですよね。笑

ですが、これって、ビジネスの本質です。

というか、ビジネスに限らず、
自分の求めている結果を出すための本質ですね。

多くの人が、

「経済的自由」「精神的自由」「時間的自由」

を求めて、ビジネスにチャレンジします。

そしてよく言われる、90%以上の人が
失敗し、挫折し、「妥協の人生」に落ち着きます。

失敗の一番の原因は、何か?

その答えが、「自由」という部分です。

私達は、想像以上に「自由」に慣れていません。

日本の教育は、
ストレートなモノの言い方をしてしまえば、

「労働者になるための教育」です。

ひとつの企業の歯車の一部となり、
従順に従い、最大限自分の能力を発揮する。

そのための教育です。

この意見には賛否両論あるかと思いますが、
私が日本の教育に感じていることです。

では、この教育を受けた我々が、

「はい、明日からなんでも自由です。
好きにやってください。

もちろん、
給料は出ないので自分で稼いでね」

と言われ、
自由な時間を与えられたら、どうでしょうか。

結果は、もう出ています。

90%以上の人が
失敗し、挫折し、「妥協の人生」に落ち着きます。

残念ながら、これが生々しい現実です。

だから自由を求めるな!
今のままの環境で耐えなさい。

と言っているわけではありません。

「経済的自由」「精神的自由」「時間的自由」

これらの自由を本当に求めるなら、

自由になるための考え方、行動の仕方を
しっかり学ぶ環境をつくれ、ということです。

そのための環境を探して、
その環境に身を置くのもいいでしょう。

兎にも角にも、

「自由を得るための教育」を受ける必要がある。

「自由になりたい」から、
自由にやると、自由にはなれない。

この件名の意味が、
しっかりとご理解いただけたかと思います。

あなたが本気なら、「自由」を学ぶために、
まず「不自由」を選択しましょう。

「自由になるためには?」を学べる、
メンター、そして仲間と、時間を共有しましょう。

環境とは、「人」です。

同じ目的を目指す仲間とつながり、
サボれない環境に身を置いてください。

自己流で、自由を目指すより、
よっぽど高確率で自由になれることをお約束します。

・毎日、決めた時間を作業するには?
・それを継続するには?
・やるべきことに集中するには?
・効率よく作業するには?

これらを、自分の気分や感情に左右されることなく、
淡々とこなせる環境を仲間と作ってください。

ただ、

「経済的自由」「精神的自由」「時間的自由」

を得る際に、注意してほしいのは、

「自分のちからで稼ぐ」=「全て自分でやる」

ではありません。

それでは時間がいくらあっても足りません。

なにを自分でやって、
なにを他者(業者や仲間)や、ツールに任せるのか、

しっかりと見極めて、自分の時間を確保しましょう。

インターネットビジネスは特に、ツール選びは重要です。

効率よく、最大限の効果を発揮するツールを使いましょう。

ちなみに私が使っているツールをひとつ紹介します。

こちらです。

 

インターネットビジネスに必要な、

「集客」「教育」「販売」という、

一連の流れに必要な機能の全てを備えた、
マーケティングシステムです。

しかも、無料で使える機能が豊富。

今はまだ、なんのこっちゃ?と思うかもしれませんが

すぐに必要になるツールなので、
ひとまずアカウントは作成しておきましょう。

「集客」「教育」「販売」の流れを、
自動化できるので、時間的自由も確保しやすくなります。

いかがでしょうか?
本日の内容は、けっこう重要なことです。

自由になりたいから、
自由にやると、自由にはなれません。

まずは、自由を得る為の考え方、
行動の仕方を学べる環境に身をおく。

自由になるための「不自由」を楽しみましょう!